あたかも人類の分身であるかのように

ITとのつながりが密接であるものは、紛れもなくコンピューターであり、そのコンピューターによって、今日の情報化社会が成り立っているのです。故に、コンピューターがあるからこそ、様々な職種が誕生してきたわけであり、私たちが情報との接点を持つきっかけを作り出していったのです。

コンピューターのことを知ろうと考えたときに、あたかもミクロ単位な世界に突入していくかのような未知なる冒険を想起させていくのだろうかと思うのです。故に、膨大な量のデータを瞬時にこなしていくコンピューターについてもっと触れてみたいという気持ちがあるからこそなのです。それは、まるで広大な海の中に潜り込んで、様々な生命体に触れていくかのような神秘性をも想起させていくものだと感じてくるのです。

故に、果てしなく続く世界観に、いつまでも居続けたいと心から願うようになっていくのです。自分の気に入った世界観というものは、何人も侵すことのできない自分だけの場所としての意味合いが強く、その世界観は、まさしく自分の気持ちを理解してくれる良き存在として意識に刷り込まれていくことが考えられるのです。

ITの存在があってこそ、コンピューターの意義が明確にされていったのであり、そのコンピューターの普及を目の当たりにしたときに、電気で動かす物が増えてきたんだと感慨にふける方もいることでしょう。故に、日本の技術力の高さによって、最新のテクノロジーから生み出されたコンピューターに期待しているIT社会に、一条の光が差し込み進化し続けることは間違いがないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*