便利な表現手段

携帯電話やパソコンを使用している方ならば、メールのやり取りが一般的になっていることでしょう。
故に、自分の伝えたいメッセージを言葉で伝えるよりもメールの方が感情移入しやすいということで、主なコミュニケーションツールがメールになったと答える方も珍しくないのだと思うのです。

そして、人によっては自分の意思を伝える手段の得意分野が異なるため、喋ることが好きな人は基本的に音声言語を介してのコミュニケーションを得意とする傾向が強いように見受けられます。

一方で、本を読むことが好きな人は、文章に慣れ親しんでいることから、今まで読んできた本の中から適確な言葉を選び抜いて、自分の意思を文章として表すことに長けているように感じてくるのです。
そうしたことから、メールでのやりとりに適性があると思われるのが後者の方なのだと考えられます。

故に、メールを中心としたコミュニケーションをされる方にとっては、自分の創造性を文章表現に活かせることを素晴らしい行為なのだと感じていることでしょう。
そうした方の表現手段の可能性を押し広げていったIT文明に心からお礼を言いたくなる方がいても不思議ではないのだと思うのです。

ITの発展の影響で、老若男女メールに親しんでいる世の中になったような気がします。それだけメールを扱うに際して、難しいことをクリアせずに済むため、メールをするための一通りの手順さえ理解できれば、誰でも手軽に情報の発信ができるからです。
そんな世の中を作り出した技術者に、私達は感謝すべきだと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*